ポーカー vs.スポーツベッティング – お金を稼ぐならどちらが良い?

これはカジノゲームが好きな方なら誰もが自問したことがある問いです。ポーカーとスポーツベッティング、どちらの方が稼げるのか?この問いに対して正しく答えるには、数々の要素を考慮する必要があります。オンラインの記事には、スポーツベッターの方がポーカープレイヤーよりもお金を稼げると主張するものもありますが、大金を稼いでいるポーカープレイヤーも存在します。それでは、2つのゲームを比較していきましょう。

ポーカーとスポーツベッティングの類似点

最も大きな類似点は、どちらも職業、またはキャリアとして選択できる点でしょう。スポーツベッターもポーカープレイヤーも、それぞれのゲームを全収入の一部として考えられるほど儲けることも可能です。もちろんその割合は人によって異なります。年収の20%程度という人もいますが、中には年収の100%をこれらのゲームから得ているという人もいます。

しかしながら、正真正銘のプロポーカープレイヤー数は非常に少なく、90%のポーカープレイヤーは最終的に赤字を抱えていると言います。しかしスポーツベッターとポーカープレイヤーどちらにも言えるのは、彼らが常にアドバンテージを探しており、胴元や対戦相手より優位に立とうとしていること、そしてその状態の時にだけ賭けを仕掛けるということです。だからこそ彼らのようなプロは、最終的に赤字になってしまう大半のギャンブラーの中で際立った存在なのです。

どちらのゲームでも長期的に利益を得たいと考えている人は、適切な資金管理が必要です。また、厄介な連敗が起こっても耐えられるだけの資金を確保しなければなりません。カードでもスポーツでも結果は読めず、必ず勝利をもたらしてくれる秘策のようなものはないのです。

たとえば、数学的な強みを持ってギャンブルを行なっている人は、長期的な視点を持って勝つことを考えており、少しずつその地点に向かって長い道を進んでいくものです。

オンラインポーカーのプロプレイヤーは絶滅寸前

インターネットとオンラインカジノは、ポーカープレイヤーとスポーツベッターにとって大きな変化をもたらしました。スポーツベッティングは実店舗でのベッティングとほぼ同じルールが適用され、より大きな成功を収めてています。一方でポーカープレイヤーにとっては、事態は大きく変わりました。

あなたが平均的なポーカープレイヤーなら、リアルマネーを賭けるオンラインポーカーでお金を稼ごうなどと考えるのはやめましょう。トップクラスのプロでさえ、今のオンラインで大金を稼ぐのは難しくなっています。これはなぜかと言えば、対面でのゲームと違ってインターネットでは相手を読むのが難しいからなのです。また、相手がプロプレイヤーのプレイの傾向などについてより多くの情報を持っている可能性が高く、そこを突こうとしてくるからです。

しかしスポーツベッティングも初期は順調とは言えませんでした。オンラインスポーツブックが登場した当初は、利息が実店舗カジノよりも高く設定されていたのです。これはオンラインギャンブラーにとってはかなり不利な条件でしたが、今ではそういうことはなくなりました。

スポーツベッティングでもポーカーでも、結果はプレイヤーの腕次第です。しかし、幸運の女神は気まぐれなので、負けることもあるかもしれません。そのため、比較的高額の資金とその十分な管理が重要となるのです。